目に見えない無知としけたタバコ

みんなで「カレ」のことを考えてみない?それほど頭を抱え込む疑問は無い気がするんだ、「パスタ」の特徴とかはね。

トップページ >

息もつかさず跳ねる姉妹と霧

チカコと福岡のアバクロンビー&フィッチにショッピングに行った。
本当にAbercrombieの洋服のコーデがお気に入り。
そして、店内の空間デザインと、充満している匂いが。
2時間程度みて、アバクロンビー&フィッチを出た。
すると、私が通路をふさいでいたので、すみません!と言い後ろを見た。
すると、店内にいた男性。
笑って、ありがとう、など言っていた。
驚いたのは、その荷物。
Abercrombie & Fitchでどれだけ買ったの?と疑問が生まれた。
そして、スタバで知佳子とそのお兄さんの収入当てで盛り上がった。
アンサーは謎だ。

控え目に吠える子供と暑い日差し
一眼レフも、もちろん夢中になってしまうけれど、また別格と言うくらい宝物なのがトイカメラだ。
2000円強程で取っ付きやすいトイカメがすぐに持てるし、SDカードがあるならパソコンでもすぐ再現できる。
リアリティーや、感動の一瞬を撮影するには、充実した性能のカメラがお似合いだと思う。
しかし、その雰囲気や季節の感覚を収める時には、トイカメには他の何にもかなわないと思案する。

寒い金曜の夜明けに料理を

最近のネイルは、バイオなど、非常に難しい技術が駆使されているみたいだ。
気持ち程サービスしてもらえるインビをいただいたので店に行ってみた。
人一倍、色やシンプルさに関して、優柔なので、決めるのに時間を使った。
薬指にちょっとネイルアートをしていただいて、とてもご機嫌になれた。

気持ち良さそうに自転車をこぐ姉ちゃんと壊れた自動販売機
雑誌を見ていたり、人ごみに行くと美人だな〜と思える人はたくさんいる。
顔立ちは、標準的な美しさとは言えなくても、個性的だったり、オーラがあったり。
それぞれの雰囲気は、その人の内側かもしれない。
凄く大事だと思う。
最近見てしまうのはミュージシャンの西野カナさんだ。
イベントに行って初めて質疑応答を受けている姿を見た。
可愛い子!と見ずにいられない。
童顔に、体つきもバランスが良く、明るい色がとても合うイメージ。
話し方がほんわかしていて、名古屋弁なのもポイントが高い。
彼女の曲は割と聞いていたけれど、本人を見て余計に大好きになった。

具合悪そうに歌う彼と霧

近くのマーケットで夕飯の買い物をしていた。
冷食のコーナーで、ポテトを選んでいた。
すると、韓国文字で記載されている箱を探し出した。
写真を見ると、韓国屋台の定番、トッポギだった。
先月ソウルへ行ったときに、何度も韓国に渡航している友達にごり押しされたのがトッポギ。
日本で冷凍食品になって、屋台のトッポギが買えるなんて、心外だった。

気どりながら吠える友達とあられ雲
メジャーな見学箇所の、法隆寺へ向かった。
法隆寺式伽藍配置も十分見せてもらい、立派な五重塔、講堂も見ることができた。
博物館では、国宝指定されている玉虫厨子があり、考えていたよりも巨大なものだった。
法隆寺について学ぶには、きっと、かなりの時間を欲するのではないかと考えている。

月が見える休日の夜明けにビールを

子供のころよりNHK教育テレビを見ることがすごく多くなった。
昔は、父親や叔母が見ていたら、民放の番組が視聴したいのに思っていたが、ここ最近は、NHKが嫌ではない。
若者向きのものがすごく少ないと考えていたけれど、近頃は、若者向きの番組も以外と多いと思う。
それとともに、かたい内容のものも好んで見るようになった。
それから、暴力的でないものや娘に悪い影響が非常に少ない番組がNHKは多いので、子供がいる現在は見やすい。
NHK以外では、アンパンマンでさえ大変暴力的だと思える。
毎週ぼこぼこにして解決だから、子供も笑いながら殴るようになってしまった。

ひんやりした火曜の深夜に足を伸ばして
たいそう甘い食べ物が好みで、甘いケーキなどを自作します。
普通に自分で混ぜて、オーブンで焼いて作成していたのだけれども、ここ最近、ホームベーカリーで作ってみたら、めっちゃ手軽でした。
こどもにも食べてもらう、ニンジンをすって混ぜたり、かぼちゃを混ぜたり、栄養が摂取できるようにも心がけている。
甘味料が少なめでもニンジンや野菜の甘味があるから、喜んで口にしてくれます。
ここ最近は、スイーツ男子なんて表現もメディアであるから変ではないのだけれど、高校の頃は、甘いお菓子を作っているといったら不思議に思われることが多かったです。
ここ最近は、そんな男性が多いよねと言われたりします。

雲の無い日曜の深夜は椅子に座る

仕事で不可欠なモウソウダケをきちんと拝領するようになり、良かったのだが、うじゃうじゃと生えた竹が重荷でどんどん運び出してほしがっている竹の持ち主は、こちらの必要量よりモウソウダケを持っていかせようとしてくるのでやっかいだ。
いっぱい持って帰っても余っておいてても色が落ち捨てることになるのだが、竹が邪魔で邪魔でしょうがないらしく、持って帰ってくれとしきりにせがまれる。
こちらも必要なものをいただいているので、強く言われたら断れない。

のめり込んで話す家族とオレ
自分自身、敏感肌で、コスメはもちろん使用してはいけないし、乳液も使用できない物が多い。
そこで、果物やサプリメントの力にお任せになっているが、最近摂っているのがコラーゲンだ。
飲み物に溶かして、日々愛飲しているけれど、ちょっとは素肌がつややかになった。
さらに、飲むようになってから調子が良くなるまで即効性があったので、びっくりした。

カテゴリ



Copyright (C) 2015 目に見えない無知としけたタバコ All Rights Reserved.
↑先頭へ