新宿区 債務整理 弁護士 司法書士

新宿区在住の人が借金返済の相談をするなら?

借金をどうにかしたい

新宿区で多重債務や借金の悩みを相談する場合、どこがいいのか迷っているのでは?
せっかく相談するのであれば、優秀な弁護士や司法書士が相談にのってくれる法律事務所・法務事務所を選びたいですよね。
このサイトでは、ネットで無料相談できる、オススメの法律事務所・法務事務所を厳選して紹介しています。
新宿区にお住まいの人にも対応していますし、相談は無料なので安心できます。
いきなり直接相談するのはちょっと不安、と思っている方にもお勧めです。
借金返済・お金の問題で困っているなら、まず弁護士や司法書士に相談して、解決への道を探しましょう!

新宿区在住の方が借金・債務整理の相談をするならここ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

新宿区の債務・借金返済の悩み相談なら、この事務所がオススメです。
弁護士対応で、しかも全国対応の弁護士事務所です。
初期費用が0円なので、手持ちがなくても安心です。
弁護士代金の支払いは、分割払いもOKです。
弁護士への相談料ももちろん0円!
借金取り立てのストップもできます。
個人再生、過払い金、任意整理、自己破産、など、債務や借金に関して無料相談できます。。
しかも、365日24時間、いつでも受付OKです。
フリーダイヤル(電話代0円)で相談受付できるので、お金に悩んでいる人も今すぐ電話受付が可能です。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩みは今スグ!24H電話受付☆



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(とくに女性にオススメ)
全国対応の、借金や債務の問題を相談できる司法書士事務所です。
任意整理、自己破産、個人再生など、自分にピッタリのやり方で多重債務・借金の問題を解決に導きます。
それと、過払い金の請求は初期費用0円で、戻ってきた過払い金から支払できます。
任意整理についても、減額報酬や和解成功報酬などは一切取らないため、おトクに解決が可能です。
債権者の数が1、2件でも対応してくれるのも助かります。
女性専用の相談窓口も用意されているので、女性の方でも安心して相談できることでしょう。
まずは気軽に無料相談を。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はこちら↑↑
女性スタッフが対応してくれる、女性専用の窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はコチラ↑↑



司法書士法人みつ葉グループ

司法書士法人みつ葉グループ

ココも全国に対応している司法書士事務所なので新宿区の方も相談できます。
こちらの司法書士事務所は、ラジオやテレビへの出演、雑誌などでの執筆など、多数のメディアにも取り上げられています。
人情派の司法書士と呼ばれることもある代表の島田雄左司法書士は、大好きな映画「君の名は。」を6回も映画館に観に行き、その度に号泣してしまうほど涙もろい。
債務整理の費用は分割払いも可能なので安心です。
職場や家族にバレないよう徹底配慮をしてもらえます。
借金返済の問題は、一人で悩まず、一歩を踏み出して無料相談してみませんか?

司法書士法人みつ葉グループ
司法書士法人みつ葉、電話
司法書士法人みつ葉

↑↑↑↑↑
人情派の司法書士へ無料相談



弁護士へ相談前の注意



新宿区周辺にある他の法務事務所・法律事務所の紹介

新宿区には複数の弁護士や司法書士の事務所があります。参考にしてみてください。


●竹下司法書士事務所
東京都新宿区舟町1-12 MKビル 7F
03-3359-9841
take-law.net

●藤沢司法書士事務所
東京都新宿区百人町1丁目23-10
03-3366-5335

●東京新宿法律事務所
東京都新宿区新宿2-5-10
03-5919-2760
http://shinjuku-law.net

●小野寺事務所
東京都新宿区西新宿8丁目5-3
03-3363-6621
http://sogo.onodera-office.net

●日本司法書士会連合会
東京都新宿区本塩町9-3 司法書士会館 3F
03-3359-4171
http://shiho-shoshi.or.jp

●司法書士法人JOネットワーク | 登記 供託 相続 会社設立 起業
東京都新宿区 新小川町5-1 ニューリバー51ビル4F
03-3269-9180
http://jo-net.or.jp

●西新宿法律事務所
東京都新宿区西新宿3丁目5-3
03-5908-4858
http://nishi-shinjuku-law.com

●米川司法書士事務所
東京都新宿区百人町1丁目17-6
03-3362-7990

●内藤新宿法律事務所
東京都新宿区新宿1丁目31-3 ダイアパレス新宿1丁目220
03-6457-4671
http://nsbengo.com

●司法書士たかやま事務所
東京都新宿区新宿4-3-15 レイフラット新宿 レイフラット新宿6F
03-5363-7466
http://takayama-office.com

●東京司法書士会
東京都新宿区本塩町9-3 司法書士会館 2F
03-3353-9191
http://tokyokai.jp

●新宿法律事務所
東京都新宿区西新宿1丁目19-6 山手新宿ビル 9F
03-3343-3984
http://shinjuku-law.com

●リリーフ(司法書士法人)
東京都新宿区四谷2丁目9
0120-428-001
http://reliefer.jp

●弁護士法人泉総合法律事務所 新宿支店
東京都渋谷区代々木2丁目6-9 第2田中ビル4階
03-5365-7025
http://springs-law-shinjuku.com

●諏訪司法書士事務所
東京都新宿区三栄町7番地3
03-5363-8970
http://office-suwa.jp

新宿区にある地元の法務事務所・法律事務所に行き、直接相談するのもアリだと思います。
ただ、いきなり直接相談するより、インターネットからの無料相談や「診断シミュレーター」の方が、気後れせずに相談できるのではないでしょうか。

新宿区に住んでいて借金返済問題に弱っている人

いくつかの人や金融業者から借金した状態を「多重債務」といいます。
あっちでもこっちでもお金を借りて、返済先も借入れ金額も増えた状況です。
キャッシング業者で限度額まで借りてしまったから、今度は別の消費者金融でお金を借りる。
クレジットカードのリボ払いやキャッシングをして、クレジットカードを何枚も作ったり。
多重債務の状態までなってしまった方は、大概はもう借金の返済が厳しい状況になってしまいます。
もはや、どうやってもお金が返せない、という状況。
ついでに金利も高い。
どうしようもない、どうにもならない、と思ったら、法務事務所・法律事務所に相談してみませんか。
弁護士・司法書士に相談し、自分の状況を説明し、解決するための方法を提示してもらいましょう。
お金・借金の問題は、司法書士や弁護士知恵を頼るのが得策ではないでしょうか。

新宿区/借金の減額請求って?|債務整理

多重債務等で、借り入れの支払いが苦しい実情に至った際に効果的な方法のひとつが、任意整理です。
現状の借入の状況を再把握し、過去に利子の払いすぎなどがあったならば、それらを請求、もしくは今の借入れと相殺をして、更に今の借入に関してこれからの金利を減額していただける様お願いしていくという進め方です。
ただ、借りていた元金につきましては、まじめに払い戻しをしていくという事が土台になって、利息が減額された分、前よりも短期での返金が前提となってきます。
只、利子を支払わなくていいかわりに、毎月の返済額はカットされるでしょうから、負担は軽くなるということが一般的です。
ただ、借入をしている消費者金融などの金融業者がこのこれから先の金利に関連する減額請求に応じてくれない時は、任意整理はきっと不可能です。
弁護士の方に相談すれば、絶対に減額請求ができるだろうと考える人も大勢いるかもしれませんが、対応は業者によって種々であって、応じてくれない業者も存在するのです。
只、減額請求に対応してない業者はごくごく少数です。
したがって、実際に任意整理を行い、金融業者に減額請求をやることで、借り入れの苦痛が随分少なくなると言う人は少なくないでしょう。
現実に任意整理ができるだろうか、どのくらい、借入の支払いが縮減するかなどは、まず弁護士さんなどその分野に詳しい人に依頼するということがお奨めなのです。

新宿区|自己破産にはどんなリスクがあるの?/債務整理

はっきり言えば世間で言われる程自己破産のリスクは少ないです。高価な車やマイホームや土地等高価値な物件は処分されますが、生きていく上で必ず要る物は処分されないのです。
また二〇万円以下の貯蓄は持っていて大丈夫です。それと当面の間数か月分の生活する為に必要な費用100万未満なら没収されることはないでしょう。
官報に破産者のリストとして載るがこれも極僅かな人しか目にしません。
また俗にいうブラック・リストに載り7年間程ローンまたはキャッシングが使用キャッシングまたはローンが使用不可能になるのですが、これは仕方がないことです。
あと決められた職種に就職できないという事もあるのです。だけれどもこれも極特定の限られた範囲の職種なのです。
ですので債務超過で返金することの不可能な借金を抱え込んでいるのなら自己破産を進めるのも1つの方法なのです。自己破産を実施したら今日までの借金が全くチャラになり、新しく人生をスタート出来ると言うことでよい点の方が多いと思います。
又自己破産者は公法上の資格制限として司法書士・公認会計士・税理士・弁護士等の資格は取り消されます。私法上の資格制限として後見人・保証人・遺言執行者にもなれないのです。又会社の取締役等にもなれないでしょう。だけれどもこれらのリスクはおおよそ関係無い時が多いのじゃないでしょうか。リスクはあんまり大きな物じゃ無いはずです。